【石垣空港終了前】下地島を上空から見たい(宮古-石垣往復)


宮古島から石垣島へ


下地島を上空から見てみたい!サシバになった気分で見てみたい!(笑)という事で、2004年から8年間運休後、2012年から運航再開したANAの宮古-石垣便に乗り、なるべく近くから下地島の景色を見てみたいと思います。出発離陸上昇約10分、 ベルトサイン消灯約10分、 降下着陸到着約10分程で合計30分飛行という、ANAのジェット最短距離便(機内放送パイロット談)です。

2013年2月10日、翌月で供用廃止になる石垣空港への最後のフライトもかねて宮古15:40→石垣16:10 ANA1791便で30分の空の旅。宮古空港でノーズが謎の色落ちしているANA WINGS boeing737-500(JA303K)に搭乗。


ノーズが謎の色落ちしているANA WINGSの737-500


北風のため宮古空港の滑走路から北東(RWY04)へ離陸、上昇しながら右へUターンして西へ向かい宮古空港上空を通過。ベルトサインが消えないのでフィルムカメラ「写ルンです」で撮影。


離陸し右旋回Uターン

宮古空港


伊良部島と建設中の伊良部大橋


宮古空港を離陸し右側窓席から下地島を見る


北風のおかげで一旦北東へ離陸しUターンして西へ向かう事で高度稼ぎが出来たので、伊良部島手前でベルトサインが消えました。デジカメに切り替えて撮影続行。伊良部島に行ったら必ず泳ぐ渡口の浜が見えて来ました。そして隣に見えるのは下地島。


伊良部島

渡口の浜


下地島空港が見えてきまし… 残念ながら雲が。辛うじて雲の隙間から下地島空港のエプロンと滑走路北端の名所である通称17エンドを確認しました。


下地島空港

下地島空港エプロン


辛うじてRWY17エンドがチラッ


しばらくすると宮古島と石垣島の中間にある多良間島が見えてきました。手前が旧空港で、左奥に見えるのが現在の多良間空港。


多良間島


旧多良間空港

多良間空港


石垣空港へ着陸


多良間島をすぎると、もう間もなくで石垣島に到着です。


多良間島上空を通過

石垣島が見えてきました


ベルトサインが点灯したのでカメラを「デジカメ」からフィルムの「写ルンです」に切り替えました。来月の2013年3月7日に開港する「新石垣空港」が雲の合間から真下に見えました。新石垣空港の上空を通過し石垣空港へ。一旦石垣島の西側海上へ出ると右手に竹富島が見えます。そのまま西へ進みつつ旋回Uターンして北東へ。石垣空港の滑走路(RWY04)に着陸。


竹富島が見えてきました

Uターンして石垣空港へ


滑走路の長さが1,500mと短い為に、タイヤ接地直後のフルブレーキで体が前方へ強く持っていかれます。この名物着陸も私は今回で最後の体験となります。駐機場へ到着し降機。ターミナルはすぐそこですが、石垣空港にはボーディングブリッジが無いのでタラップ車からバスへ乗り、1分程度でターミナル脇へ。


石垣空港到着

石垣空港到着


石垣空港を離陸し左側座席から下地島を見る


石垣島で1泊して翌日は宮古島へ折り返します。
14:20石垣→14:50宮古 後にAIR DO機材になったANK B737-700(JA15AN)に搭乗。本日の沖縄地方は昨日と違って南風運用。この便で南風の宮古空港に向かうと(場合によっては)「凄いコースで着陸するらしい」と宮古島の某フォロワーさんから情報を得ていたので期待大です。


Boeing737-700(JA15AN)

AIR NIPPON


次に来る時はここではなく新しく出来た新石垣空港になりそうです。滑走路から南側(RWY22)へ離陸し左旋回Uターン。石垣空港が眼下に。さようなら石垣空港。新石垣空港が彼方に微かに見えました。


石垣空港ターミナル

さよなら石垣空港(「写ルンです」で撮影)


順調に上昇。僅か数十分の水平飛行中にパイロットからの機内アナウンスがありました。


機内モニター画面

機内モニター画面

機内モニター画面

機内モニター画面


上空での機内アナウンスは、こちらのムービーをご覧ください。



中間地点の多良間島は石垣島に向かって飛んでいた時よりも遠くに見えました。今回の宮古島行きは石垣島行きよりかなり南側を飛行している様です。


宮古島へ飛行中

遠くに見えた多良間島


多良間島を越えると左前方に下地島が見えて来ました。どうやら下地島の南側に向かっている様です。降下しながら下地島空港の南側をかすめようとしたその時、まさかのキャプテンから機内アナウンス。「訓練専用の空港、下地島空港が見えます」さらに「下地島と伊良部島の間の川の入り江あたりに見える建物がNHK朝ドラに出てくるホテルです」とも。ちなみにキャプテン、ドラマ名を失念(笑)。
※ドラマは当時放送していたNHK朝のドラマ「純と愛」で、ホテルは伊良部島の「ホテルサウスアイランド」でした。


右側が伊良部島、中央が下地島で奥が下地島空港。


その後、伊良部島と宮古島の間を北東へ進んで伊良部大橋上空を通過後、グイッと右旋回Uターンで宮古空港のRWY22へビジュアルアプローチで着陸しました。石垣島からあっという間に宮古島へ到着。ファイナル直前のキャプテンによる粋なアナウンスの計らいで素敵な下地島遊覧フライト気分になりました。


宮古島到着

お疲れさまでした


ちなみに北風時はストレートに宮古RWY04へ着陸するので今回よりも下地島は離れて見える様です。今回の様なコースは南風時に通りますが他にも南風時の着陸コース、例えば今回よりもっと下地島から離れたコースで宮古島の南側を通って左旋回で宮古島へアプローチ等があると思われます。それぞれ気象条件や空港周辺の混雑状況により飛行コースが変化するので今回のコースを飛ぶ保証はありませんが、もしこのコースを飛んでくれたら幸いと思います。


DJ SoundEdit

final approach 管理人

下地島に通い続けて20年。飛行機や旅行、沖縄や下地島などの景色を紹介していきます。
離着陸好き/速い物好き/飛行機/空港/基地/天文/航空宇宙/車/バイク/レース/無線/CLUB/DISCO/DJ/DTM/ProTools/音楽/旅行/沖縄/離島/宮古島/下地島/17エンド
資格:航空無線通信士 第三級陸上特殊無線技士

関連記事

この記事のハッシュタグ から関連する記事を表示しています。

那覇エアーフェスタ〜下地島空港1泊2日の旅 後編(下地島編)

スカイマークが下地島新路線を発表

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ