立川市「とある自治体の感染対策」


立川駅北口街灯の幟旗がレールガンTの御坂美琴


昨日の朝、立川駅北口の駅前道路沿いの街灯が、「とある科学のレールガンT」仕様の幟旗(バナーフラッグ)で埋め尽くされていました。


御坂美琴

ここにも御坂美琴


駅前から曙橋交差点〜曙町二丁目交差点まで御坂美琴の幟旗で埋め尽くされていました。
よく見ると「とある自治体の感染対策(オペーレーション)」の文字が。
商店街コロナに負けるなキャンペーンだそうです。


コロナなんかに負けないわよ!



道路沿いが食峰操折


そして今度はJR立川駅北口を出て右、JR沿いに東側へ行くと、ずーっと食峰操折。食峰操折、食峰操折、食峰操折です。


食峰操折

食峰操折


コロナにだって言うこときかせちゃうゾ。



モノレール沿いが白井黒子


更に多摩都市モノレール立川北駅北口を出たモノレール沿いは白井黒子のフラッグで埋め尽くされていました。


多摩モノレール沿いの歩道には


白井黒子

コロナは絶対に許しませんの!



以上、レールガンTから御坂美琴、食峰操折、白井黒子による3パターンの「コロナに負けるな!キャンペーン」のバナーフラッグでした。
今までコラボのバナーフラッグは、数種類のキャラを満遍なく若しくはランダムに混ぜて配置していましたが、今回の様に各場所にまとめて同じキャラを配置したのは初めてかもしれません。

あくまでも推測ですが今回の様に分散してまとめて配置する事により、フラッグ目当てで立川に来た人が街の広範囲を巡ってくれるのを期待した戦略なのではないか?と思いましたが、よく考えてみたらその戦略にまんまと乗っていた私でした。


最新記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ