2回のCOCOAバグ通知からのPCR検査


COCOAとは


厚生労働省が提供する新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOA。スマートフォンにCOCOAアプリをインストールしてBluetoothをONにした状態で使用します。COCOAをインストールしたスマートフォン同士が1m以内15分以上接触した場合に接触符号を記録。接触者がコロナウィルスに感染した場合に陽性登録すると、14日間に接触した相手へ陽性者接触通知がくる仕組みです。


「コロナ陽性登録者と接触した可能性」の通知が来ました


2020年9月の夜中、私のiPhoneXS(iOS13.6.1)に「陽性者と接触した可能性があります」というCOCOA(Ver1.1.2)アプリのプッシュ通知が来ました。

驚きつつCOCOAアプリを立ち上げると少しおかしい事に気づきました。バナー通知は来ましたが、iPhoneのロックを解除しCOCOAアプリを立ち上げると「陽性者との接触は確認されませんでした」との表示。陽性者と接触したのであれば接触しました表示と検査先など次の行動指示が表示されるはずですが、「陽性者との接触は確認されませんでした」との表示なので次に行う行動が何もわかりません。


COCOAアプリの過去14日間の接触表示


早速Twitterで似た事例があるのか検索してみたところ、同じ様に「コロナ陽性登録者と接触した可能性と通知がきたのでCOCOAアプリを開いてみたら陽性者との接触は確認されませんでしたという表示だった」という、ここ数日の書き込み事例がいくつか確認出来ました。

その書き込みの中に、COCOAのログデータ解析の対処例が既に有り(方法については後述します)その解析を実行したところ、「約2週間前の9:00から翌日9:00の24時間に接触陽性登録者と接触した可能性がある」という事がわかりました。

今日でその接触したという日から13日目ですが、平熱で咳は全く無く味覚異常も無しでしたのであと1日様子を見る事にました。その後も体調に異常なく、接触した可能性のあった日から14日間を無事経過しました。


2回目のCOCOA通知が来ました


1回目の接触通知から4日後の13時13分、iPhoneに2回目の「感染者接触の可能性」通知が来ました。しかしCOCOAアプリを開いてみるとまた異常なしの表示です。COCOAアプリはここまでしか情報が表示されないので、1回目の通知の時と同じくCOCOAのログを解析していきます。


COCOA(新型コロナウイルス接触確認アプリ)のプッシュ通知
※13:13の通知を翌日22:29に再表示してスクショ


COCOAアプリにバグがあるらしい


Twitterで検索してみると、ここ最近の陽性者接触通知とアプリ表示のくいちがいはCOCOAアプリのバグらしいのです。表示のバグとはいえ、本当に陽性者と接触していないのか?陽性者と接触はしたが、アプリのミスで非接触の通知表示なのか?それらを確認する対処法についても調べてみると、iPhoneの設定から辿っていけば本当に陽性者と接触したのかがわかるそうです。


本当に接触したのかを確認する


※当時インストールしていたiOS13.6.1の場合です。iOS14は、設定 > 接触通知 > 接触のログ記録の状況 使用中 > 接触チェックの記録 で辿ってください。


iPhoneの
設定 > プライバシー > ヘルスケア > COVID-19接触のログ記録 > 接触チェックの記録 
を開く


「ヘルスケア」を選択

「COVID-19接触のログ記録」を選択

「接触チェックの記録」を選択


すると日付が何行もあり、
日付をそれぞれ開く >  「一致したキーの数」が0ではなく1になっているファイルが出たら陽性者と接触したという事だそうです。


順番に一つずつ記録を開いて確認

「一致したキーの数」が0なら非接触  1なら接触


つまり陽性者と接触した可能性というバナー通知は正常で、COCOAアプリ「接触は確認されませんでした」というのが間違いで表示されてしまうバグの様です。


日付ファイルはかなりの行数で一つ一つ開くのも大変です。その為、自動で全ての行を調べてくれる専用ショートカットが用意されています。


こちらのページ中段あたりからチェックを簡易にするショートカットがダウンロードできます。

ダウンロードの後、「接触チェックの記録」ページ下「接触チェックの記録を書き出す」をクリックし「接触確認アプリCOCOAログ解析」をクリックするとショートカットが作動し自動解析が始まります。


陽性者との接触日を確認する


「接触チェックの記録」ページにある「今日 13:33」という日付(タイムスタンプ)は接触した日付ではないので接触したであろう日を調べます。「チェックの詳細」の一番下にあるHASH(長い英数字)を、下のリンク先の解析ページ検索窓に入力すると、接触した日(朝9時から翌日の朝9時までの24時間)を調べる事ができます。


https://cacaotest.sakura.ne.jp/

HASHを全部入力する必要はないようで、頭から数桁入力したら早くも1件の検索が一致しました。
「○年○月○日の9:00から○年○月○日の9:00に接触。」
※実際は「Y/M/D 9:00:00 - Y/M/D 9:00:00」と表示されます。
接触したであろうその日、誰かと15分以上接触していた記憶がありません。しかし陽性者と接触した可能性があるかもしれないのでPCR検査を受ける事にしました。


陽性者との接触日


PCR検査を申し込む


以下の条件でPCR検査について検索します。


  1. 今回のCOCOAアプリバグの件を把握しており対応してくれる
  2. 土日の検査に対応している
  3. 近所ですぐに予約と検査ができる

1.について。現時点でバグの件は報道されていません。数日前からSNSにおいてバグが把握され始めた時期なので、PCR検査先によってはPCR検査を自費でやるのか?公費でやるのか?もわからない事が予想されますのでバグの事を把握している検査先を探します。
2.と3.について。PCR検査について検索し始めた時間が土曜日の15時頃であり、会社を休まずにこの週末で検査を終わらせる事ができる検査先を探します。


難題と思われましたが、私の検索条件1.2.3.に該当する病院「クリニックフォア」が見つかりました。


1. 今回のCOCOAアプリのバグに対応するアナウンスのページがあり、バグ画面を提示すれば公費でのPCR検査対象となり検査費用は無料。(別途初診料、血液検査の費用があり3割負担で約3000〜5000円程度)
2.土日に対応。
3.田町と大手町で検査。WEB予約あり。

すぐに「クリニックフォア田町」のWEBページから翌日(日曜日)のPCR検査を予約しました。


PCR検査を受ける


翌日の日曜日に検査を行いました。JR田町駅前のビル内にあるクリニックフォア田町4階の発熱外来へ予約時間前に到着。診察と採血、そしてPCR検査を行いました。PCR検査は唾液を試験管のような物に1センチ程摂取して終了。PCR検査の費用は自己負担の場合30,000円程するようですが、今回のCOCOAバグ表示の件においては公費(自己負担無料)で、初診料と血液検査などの費用が3割負担で五千円弱でした。
PCR検査結果は翌々日の火曜日にWEBで結果表示。もし陽性なら火曜の夜に電話するとの事。


PCR検査結果


PCR検査を行った翌日の夜、予定よりも1日早く検査結果の連絡メールが来ました。検査を行うにあたり「クリニックフォア」のWEBページに作ったマイページから結果を観覧。結果は陰性でした。


検査の翌日にWEBにて診察結果を確認しましたが医師から対面で結果説明を受ける為、後日にもう一度診察先の一般内科外来に向かいました。そこでPCR検査陰性結果を書面受理しPCR検査結果に関する詳しい説明、そして血液検査結果の説明を受け終了。医療費は今日の診察結果説明が千円程。


土曜日の午後にCOCOAから陽性者接触疑い通知で夕方WEBからPCR検査予約、日曜日にPCR検査、月曜日の夜にメールでPCR検査おしらせでWEBマイページからPCR検査結果確認。COCOAの接触疑い通知から3日間のスピーディなPCR検査でした。
費用は、PCR検査が公費で無料、診察と血液検査が五千円弱、後日のPCR検査と血液検査の結果説明が千円程。2日間の支払い合計は約6千円でした。


DJ SoundEdit

final approach 管理人

下地島に通い続けて20年。飛行機や旅行、沖縄や下地島などの景色を紹介していきます。
離着陸好き/速い物好き/飛行機/空港/基地/天文/航空宇宙/車/バイク/レース/無線/CLUB/DISCO/DJ/DTM/ProTools/音楽/旅行/沖縄/離島/宮古島/下地島/17エンド
資格:航空無線通信士 第三級陸上特殊無線技士

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ